View source | Discuss this page | Page history | Printable version   
Toolbox
Main Page
Upload file
What links here
Recent changes
Help

PDF Books
Show collection (0 pages)
Collections help

Search

ERP 2.50:Functional Documentation/General Setup/ja

Contents

はじめに

このセクションの目的は、お客様のアプリケーションでは、データモデルの観点の下では見つけることができるもののセットアップを説明することです。に成功したのOBをインストールすることが重要です右の構成にしてください。のOBが正しく、このフローに従って:使用するには


General Setup.png


一般的なセットアップをこのセクションでフォーカス。このモジュールを改善し、のOBのパフォーマンスが向上し、セットアップを複数のものにすることができます。

クライアントエンティティ

はじめに

Openbravo、複数の企業のアプリケーションです。各クライアントは、エンティティの会社のアプリケーションによって管理されます。各エンティティの管理を他人からのアプリケーションでは無関係です。各エンティティは1つ以上の団体が参加。

Openbravo少なくとも2つの別のエンティティで動作します。 1つはモデルデータと、ソースデータおよび管理する一つのサンプル/トランザクションデータを管理します。 そこで2つのエンティティ構造となる作業:

Entity.png

  1. クライアントの名前をSystemです。すべてのデータを、ユーザーの役割を持つシステム管理者にログインできるようにする必要がありますは、このクライアントに関連してください。使用して、デフォルトのユーザー:Openbravoパスワード:openbravo。全てのモデルデータテーブル、列、ウィンドウ、タブ、フィールド、メニュー、等ので、他のクライアントから独立していますが、すべてのクライアントが同じウィンドウ、フィールド、などがされてシステムのクライアントとして設定して使用すると同時にている。ソースデータのデータでは、いくつかのプロセスは独立のお客様の残りの部分からは必須だが、すべてのクライアントが必要とされていないと同じように。だからすべてのクライアントに対してこれは一般的なデータ。
  2. この新しいクライアントを初期クライアントのセットアッププロセスを使用して作成される必要があります。すべてのサンプルの/トランザクションデータは、この新しいクライアントの下でのみのユーザーは、このクライアントに関連するデータを参照することができます作成されます。

クライアントを作成する

エンティティを作成する唯一の方法は最初のクライアントのセットアッププロセスを使用しています。理由は、プロセスの多くを正しくエンティティを作成するためにすることです。

してください新しいクライアントを作成するための手順を実行してください。

4つのメインタスクの最初のクライアントのセットアップで関与している:


Client set up.png


これらの4つのタスクがある場合それらの独立して失敗すると、プロセスを続けている。データがクライアントや財務データのOBは正しく動作しませんが失敗しかし、事実である。

1.データをクライアント

このタスクを担当しています:

例としては、この方法として、最初のクライアントのセットアップ]ウィンドウでフィールドを記入:

プロセスを作成します:

と→ロール→組織のエンドは、この構造を持つユーザーが関連する:


Isetup.png


これOpenbravoアプリケーションのスーパーユーザーのように、そのユーザーのすべてのエンティティとアプリケーション辞書を管理することができる理由のプロセスがユーザーとのOpenbravoて新しいロールを関連付けます。

SirofとAmedioユーザー間の差の役割は組織と同様に由来する。 *は、独立して組織からのアプリケーションのすべてを見ることができることを意味組織にアクセスできること。組織にのみが持つアクセスパンプローナいる場合のみ、データは、この組織に関連する見ることができるということです。

2.会計データ

このタスクを担当しています:

場合、アカウントのグラフが選択されていないこのタスクは、避けることができる。この意味するときのOB会計上の管理のためだけに使用されている。

3.財務データ

このタスクを担当しています:

4.マスタデータ

このタスクを担当しています:

クライアント情報

設定可能な一般的なセットアップ→アプリケーション→クライアント→クライアントの他のものに行く:

組織

はじめに

組織のビジネスユニットのエンティティ内にある。各エンティティは、異なる部門や親エンティティの分裂を反映して、複数のビジネスユニットができます。組織の地理的、地域、または関数によって構造化することができます。すべての組織が独立して管理されますが、それを共有することが可能ですそれらの間の情報の例では、ビジネスパートナー、製品です。

組織のツリー構造を使用するので、組織の特定の文書へのアクセスを持つことができますし、それらの子組織のではなく、sibilingまたは親組織の文書に設定される。

全ての組織は、常にスーパー組織に'*'は、自動的に最初のクライアントのセットアッププロセス中に作成されます異なります。架空の木になる可能性:

Org1.png

団体ごとに他のアカウントの構造の面で、独立することができますおよび報告が、すべての組織が、以下の特徴があります:

組織の種類

組織の種類組織一緒に首尾一貫した方法で、どのように各組織の他の組織との関係で動作を制御することによって動作するように有効にします。そこに、ほとんどのビジネスシナリオのために十分である4つのデフォルト組織の種類があります。

既定の組織の種類、次の特徴があります:

Organization Type Legal Entity Legal Entity with Accounting Business Unit Transactions Allowed
Organization N N N N
Legal with accounting Y Y N Y
Legal without accounting Y N N Y
Generic N N N Y

集計期間制御

もし組織が法人のオプションが選択され、組織のタイプに属しているかどうかは、組織またはオープンにしたり、独自の会計期間の終了が許可されていない指定することができます。もし期間を制御組織のため、組織は、オープンすることができますし、会計期間終了へのアクセスを持つすべてのユーザーが有効です。

時の期間を開くと、ユーザは、子供の組織に選択した期間(秒)オープンすることを選ぶことができます。ただし、期間を閉じ、選択した期間に依存するすべての組織のため休館日です。

場合、組織はまた、開かれる複数の会計スキーマ、オープン/クローズ期間が/すべての関連するスキーマで引けた。

カレンダー

これは、各組織の金融のカレンダーがありますが、必須ではありませんが組織の法人、任意のサブ団体は、金融、カレンダー、親組織として同じカレンダーを使用する必要がありますが必要です。

報告

するようにのみ、その組織の種類のビジネスユニット、または法人のオプションを選択している組織のために生成することができますレポートを制限することができます。財務管理"会計"分析ツール"ユーザー定義の会計報告セットアップ、フィルタ機構オプションにした場合において、組織フィールドを選択したビジネス単位または法人のステータスでは、それらの組織が表示されます。


組織型パラメータ

ほとんどの企業については、既定の組織の種類があります、お客様の組織モデルを有効にするために十分な。しかし、組織の種類の基本設定を理解することを必要とする組織のタイプを決めるのに役立ちます。 一部の企業でも、カスタムの組織型を作成する必要があります。

一般的なセットアップ"エンタープライズ"団体のタイプでは、4つのオプションは、各組織の種類の動作をどのように組織を支配されます。

法的エンティティ

場合、組織の種類法人のオプションを選択して:

法人の会計と

場合、組織の種類会計オプションで含まれています:

取引許可

場合、組織の種類のトランザクションペットオプションは、組織は組織の種類、会計目的のための取引ポストを許可されるに属しています。場合、組織のどこで取引が許可されない型の場合は、例えば、請求書、会計文書には、組織を含めることはできません。

ビジネスユニット

場合、組織型のビジネスユニットのオプションが含まれます:

組織型規則

あなたの企業の複数の組織がある場合、次の規則が組織の構造の設定を観察する必要があります:

これは、会計との法的なエンティティのすべての組織に時間を制御し、各法人の組織、独自のカレンダーを割り当てるを有効にするをお勧めします

セキュリティ/マルチ組織

複数のセキュリティのアクセス許可の組織は、このスキーマに従っ:


Orgsec.png


  1. 公社以外の任意の組織内で文書を作成するのを許可する*
  2. データをどのような組織に関連する参照を許可
  3. 公社を含む任意の組織内の任意のマスタデータを作成するのを許可する*
  4. メインorgをOrg1で文書を作成するのを許可する
  5. データをメインOrgと、その子の組織に関連する参照を許可(org1、org2)。また、唯一のOrg1を選択する可能性
  6. Org2を除き、すべての組織内の任意のマスタデータを作成するのを許可する
  7. のみOrg2内のドキュメントの作成を許可
  8. のみのデータOrg2に関連の表示を許可
  9. 唯一の公社を含むOrg2でマスタデータの作成を許可*

また、組織の作成を参照

組織情報

このタブでは、2つの非常に重要なフィールドが必要なだけ設定する必要があります:

なぜなら、税金構成されて4つのフィールドは、税金の計算をこれに依存する必要がありますが正しく設定:国から/へ国、地域から/リージョンすること。

だから調達フローの中でのOB組織の場所からから国とサプライヤーの場所から地域、地域および国があります。

販売フローでは、他の方法で回避されます。

これは、ビジネスパートナー、社内プロセスのためにビジネスパートナーのニーズに使用されます。 内部転送の例。現金出納帳からの(すなわち、銀行口座への内部)の転送を行う2つの法案を作成することを意味(1つの支払いを、1つの債権)を、ビジネスパートナーは、このために必須です。

未処理財務管理→債権&債務→取引→資金移動は動作しません、このビジネスパートナーのセットアップを持つ。

セキュリティ

このセクションの目的Openbravoセキュリティのために、現在のモデルを説明することです。

セキュリティに分けることができる機能とデータ。ながら、データセキュリティ、これらの要素の内部でデータを利用する機能セキュリティ、別のアプリケーションの要素へのアクセス権を定義するか、アクセスできません。

機能のセキュリティ

垂直方向のセキュリティは、ユーザー、ロール、およびアクセス許可の定義のロールにユーザーを追加する管理し、もしユーザーが確定要素にアクセスすることができます決めることを可能に(ウィンドウ、フォーム、プロセスなど)

そこで問題に垂直方向の安全保障にかかわるされます:

ユーザー

ユーザーは、アプリケーションにログインすることができますエンティティです。ユーザーの最小要件で、少なくとも1つのロールに関連付けられたパスワードを持ってすることですログインできるようにする。ユーザーの人の表現をすることになっている(一人一人、別のユーザー)でなければなりません

役割

ロールは、ユーザーとアクセス許可の間の接続は、アクセス許可の役割およびロールに関連付けられているユーザーにリンクされます。の役割をどのような情報を許可されては禁止されて定義されます。 関連するロールという事実は1つのユーザーが複数持つことができるにもかかわらず、1つだけの役割を同時に効果的です:ただし、ログオンしたユーザーを、彼女は複数のロールているかで違っていたため、彼は1つのロールまたは別の1つを選択する必要がありますアクセス許可。

アクセス許可

異なるアクセス許可をロールに関連付けることができます。この効果は、役割をそれらの要素にアクセス許可を持つだけにアクセスできることだ。

アクセス許可を次のレベルで定義されます:組織図アクセス、要素へのアクセス(ウィンドウ、フォーム、プロセス、...)および表のアクセス。

Securityrol.png


データのセキュリティ

水平方向のセキュリティ、クライアント、組織、アクセスレベルおよびユーザーレベルで管理されます。したがって、データがアクセス可能ではないと判断されます。

データアクセスレベル

アクセスレベルは、そこからクライアント/組織のデータが表示されるを定義します。アクセスレベルのテーブルを、プロセス、フォーム、ワークフローおよびタスクのため、任意のは、この要素が設定されて1つのアクセスレベルがあります。 5つの可能なレベルがあります:

それらのためのアクセス許可を以下の表に記載されてここで:

Client Org Description
System 0 * Only allow to see records with client 0 and Org *. For example the application dictionary records
System/client Non 0 * Only allow to see records in any client except 0 and see Org *. For example master data records
Organization Non 0 Non * Only allow to see records in any client except 0 and see any org except *. For example transactional documents
Client/Organization Non 0 Any Only allow to see records in any client except 0 and see any org. For example transactional documents, master data


All Any Any Allow to see anything

ユーザレベル

すべての役割は、垂直方向のセキュリティの方法で注文できるようにする、または、データだけでなく、全体の要素へのアクセスを拒否する使用されるユーザーレベルている(ウィンドウなど)。 3つのユーザーレベル(およびそれらの組み合わせ):クライアント、組織とシステムです。ユーザーレベルのデータアクセスのレベルと共同で、これだけの役割のユーザーのタイプのレベルを定義された要素をいくつかのデータのアクセスレベルで定義されたいくつかの種類にアクセスすることができます使用され、その下の表にまとめです:


Data Access Level User Level
System System
System/Client System or Client
Organization Organization
Client/Organization Client or Organization
All System, Client or Organization

セットアップのバックグラウンドプロセス

すべてのバックグラウンドプロセスOpenbravoERPで定義することができます。 このプロセスのPLまたはjavaファイルとそれらがスケジュールすることができますが自動的に実行として開発することができます。 プロセスをどの間隔で、毎日または週の特定の日には必要ですが、再発のイベントまたは1つのように実行することができますオフに特定の時間に。

ステップを作成し、セットアッププロセスです:

また、バックグラウンドプロセスを活性化することができますまたは非アクティブにし、このため、非常にあるときにプロセスを手動で最初に実行することが有用であるバックグラウンドプロセス(例:PeriodicAcctServer)を停止することが必須です

セットアップの言語

OpenbravoERPは、異なる言語で全体のインターフェイスを参照することが可能であることを意味多言語のアプリケーションです。

インポートの手順を実行します/エクスポートの翻訳をしてください。

Openbravoデータベースでは、独自の変換テーブルがいくつかのテーブルが存在します。テーブルのすべてのこれらの種類の英語で、ユーザーが望む言語での翻訳のものを入力する必要があります。たびに英語の場合、元のテーブルからデータを参照してくださいログインすると、しかし、異なる言語での翻訳のテーブルからデータを参照する場合は、ログイン。

翻訳およびテーブルの関係を参照してください。

変換テーブルのインストーラを最初に()からスペイン語での既定の言語としてので、すべてのテーブルをスペイン語での翻訳があるということだ。

インポートする方法は、/エクスポートの翻訳作業です:

Import export.png

セットアップのデフォルト値

OpenbravoERPにはデフォルト値を設定するの3つの方法があります:

ユーザーがログオンするたびに、アプリケーションといくつかのセッション変数を確立内でこれらのデフォルト値です。これらはすべて、デフォルト値を階層的に管理されます。

例1 :

デフォルト値は財務管理で"会計設定されて"セットアップ"ドキュメントタイプのレコード"品詞でマーキング"


今、もしあなた受注ウィンドウとその値を"品詞で"ですが、ログアウトしてのログは表示されません[新規作成]に行くと、まだでは、ログインして、アプリケーションの新しいセッション変数を確立する"品詞で"値が表示されます

例2 :

例1からデフォルト値を維持する、ユーザーがウィンドウの"営業として同じテーブル内のアプリケーションの辞書を"オンラインで別のデフォルト値を設定することがあるを使用します。

この場合には、ユーザーアプリケーションの辞書に移動する必要があります"テーブルおよび列-テーブルC_Orderを選択"と。次に C_Doctypetarget_id列を選択し、フィールドの"デフォルト値"に対応するドキュメントタイプのIDを書き込むご記入ください。のこの例では"倉庫で注文を書く"てみましょう。

後にアプリケーションをコンパイルし、このセットを効果がある

だから今OpenbravoERP 2つのデフォルト値は、POの順序やギャラリーでは、同じウィンドウのため、この問題としてデフォルトの階層の方法で作業時間の値ができません。

ウィンドウのデフォルト値は"ギャラリーで注文"になります。

例3:

最後に、ユーザーがウィンドウの"受注"、新しいデフォルト値を設定するが、この場合には、設定メソッドを使用して決定する。

ユーザーが一般的に環境設定- "アプリケーション"を設定し、ウィンドウを選択し、属性フィールドにC_Doctypetarget_id書いて、対応するドキュメントタイプのIDを()標準で例えば、移動する必要があります

前と同様、唯一のログアウトするとログインし、再び新しいデフォルト値を永続的に確立されます。

だからでOpenbravoERP 3つの既定値は、このポイントになります:

しかし、決定的なデフォルト値は"される標準的な順序"のための設定方法をデフォルトの値を設定する最も制限の厳しい方法です

セットアップ警告

アラートOpenbravoのERPは、システムで発生する管理者がそれを見るにはルールが定義されて事実上すべてのイベントについてユーザーに通知する方法です。

ための作業の流れはアラートは次のとおり:

より詳しい情報はこちら


セットアップメニュー

OpenbravoERPのメニューの設定の方法は簡単で簡単です。メニューの階層の方法で編成されてツリーノードとして。

ノードには2つのタイプにすることができます:

メニューとの作業でこれらのアクションを追加するには:

  1. アプリケーション辞書:Windowsの、レポート、プロセスなどを介して要素を作成します
  2. コンパイルウィンドウで、プロセスなど
  3. メニューにノードを作成し、アクションを追加する
  4. 最後に、メニュー内のノードの移動

Treenode2.svg


時のノードグループの別のノードが、アクションに関連することができます。たとえば、するときに、セットアップ)、新しいモジュールまたはモジュール(つまり、レポート内の別のセクションを作成する

See how to change the order in the menu.

Retrieved from "http://wiki.openbravo.com/wiki/ERP_2.50:Functional_Documentation/General_Setup/ja"

This page has been accessed 13,866 times. This page was last modified on 3 April 2012, at 11:00. Content is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike 2.5 Spain License.