View source | Discuss this page | Page history | Printable version   
Toolbox
Main Page
Upload file
What links here
Recent changes
Help

PDF Books
Show collection (0 pages)
Collections help

Search

ERP 2.50:Master-Data-Management/ja

マスターデータ管理

あらゆるERP(企業資源計画)システムには、よく定義された構造と構成方法論があります。 これは範囲のまさしくその第一歩です。 会社はそれらのそれぞれがそれら自身の会計倉庫比喩であるなど、いくつかの部門に分割されます。 しかしながら、最高経営責任者などの1人はすべての組織の手に入る限りの情報が欲しいかもしれません。 したがって、共通管理構造が必要です。 事業部は別の場所か同じビルに位置するかもしれません。 それが中心で管理されるので、十字分割的な情報にアクセスするのは、簡単です(また、誤りの可能性を最小にします)。

序論

一般に、ERPでは、顧客は顧客のような数人のオブジェクト・タイプのために費やされた総称である一種のBusiness Partnerです、ベンダー、従業員、連絡窓口… など これらのすべてのオブジェクト・タイプが名前やアドレスのように数個の特性が共通です。 ここで、全体の作成と変更プロセスに単一のスクリーンを使用することによってビジネスパートナーを維持するのは、簡単です、この部分の機能的なドキュメンテーションに沿ってあなたがMaster Data Managementの各オブジェクトとタブの意味のために 利用者マニュアルでMaster Data Managementページを調べることができます。

ビジネスパートナーを創造し始めるために、"ビジネスパートナーセットアップ"からビジネスパートナーをセットアップしてください、としかしながら、あなたが、一貫して現在同じくらい標準で定義されるいくつかのオブジェクトを定義する必要があるので、セットアップをせずに、あなたは続けることができます、カテゴリのように、Invoiceスケジュール、Title、Payment Term、Volume Discount、Discount… など それで、それらをセットアップすると決めるなら、利用者マニュアルの[[User_Manual_2.3/Business_Partner_Setup | Business Partner Setup]部を調べてください。

ビジネスパートナーデータ・レベル

Business Partnerの窓では、組織化された方法で構造化された方法であなたのデータを入力して、分かるのをより簡単にするのは、簡単です。 データエントリーレベルを示しているモデル(図-1)が以下にあって、あなたのデータフローがそうあるべきであり、その子供はその親のものです。 この構造を覚えておくのは、非常に重要です。

MDM BP DataLevel.jpg

ちょうどビジネスが必要であるように、あなたは、無制限なビジネスパートナーを創造して、すべてのビジネスパートナーを構成できます。 明らかに、最も重要なタブは、2.1と、2.2と2.9(顧客VendorとLocation/アドレス)です、そして、他のタブはアプリケーションで他の特徴を使用するための増進であると考えられています。 ここに、いくつかの質問が、1つの状況に関連しながら、あります:

答え: 3 ビジネスパートナー(おまけにもう、そして、)

答え: いいえ、あなたがそれを救うとき、それは、誤りをあなたに与えるでしょう。

答え: 単に、それを格子、および編集でダブルクリックして、節約してください。そうすれば、それはデータベースでの記録で現在の従業員をアップデートするでしょう。

Retrieved from "http://wiki.openbravo.com/wiki/ERP_2.50:Master-Data-Management/ja"

This page has been accessed 3,241 times. This page was last modified on 3 April 2012, at 11:00. Content is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike 2.5 Spain License.