View source | Discuss this page | Page history | Printable version   
Toolbox
Main Page
Upload file
What links here
Recent changes
Help

PDF Books
Show collection (0 pages)
Collections help

Search

ERP 2.50:Professional Appliance Functional Specs/ja

Contents

= 序論

このドキュメントはOpenbravo ERP Professional Appliance2.50のための機能仕様を含んでいます。 このドキュメントを書く時点で、製品は、既に開発されて、実装されます。 それで、生産に製品が既にあった後に、デザインを書くのが気が狂っているように見えるかもしれませんが、主な目的は製品自体からそれを改装することです、何が、QAサイクルの間、テストされる必要があるかが、明確であるように。

要件

プロセス

私が欲しいシステムインテグレーターとして、初めて、Professional Applianceをインストールします。

選ばれたアプライアンスによって、展開は異なるでしょう:

さらに、ウェブマネージメントコンソールは、すべてのパスワードを変えて、ネットワークを構成して、システム通知を特に可能にするために初めての構成を必要とします。

システムインテグレーターとして、オペレーティングシステムスタックを最新版にアップデートしたいと思います。

オペレーティングシステムアップデートはrPath 管理 Console(rAPA)によって管理されます。 これらのアップデートはERP以外のすべてを含んでいます。

システムインテグレーターとして、Openbravo ERPを最新版にアップデートしたいと思います。

ERPは、rAPAを通して管理されるのではなく、Module Management Console(MMC)を使用することによって、管理されます。 それで、ERPはスタックアップデートから完全に隔離された、これの世話をします。

全体のマシンで支持したいと思うシステムインテグレーターとして

アプライアンスは以下の項目を含んでいるバックアップメカニズムを含んでいます:

いつでも、手動でバックアップを車で送って、また、日刊誌の上にレギュラーのバックアップの計画をするのが、可能であり、週刊誌は毎月の基礎です。 ともに、ウェブ管理を使用するのは慰めます。 ローカルのファイルシステムラベルにバックアップを保存できますか、NFSが共有するか、またはSambaは共有します。 そして、バックアップの数が保たれるのを選択するのは、可能です。

システムインテグレーターとして、バックアップからOpenbravo ERPを返したいと思います。

前のバックアップからOpenbravo ERPを返すのは管理コンソールでバックアップのリストから都合のよい方を選択して、「回復」ボタンをクリックするのから成ります。 回復プロセスがいったん終わるようになると、リブートは引き起こされます。

システムインテグレーターとして、最近のスタックアップデートを転がしてのけりたいと思います。

ウェブ管理コンソールを使用することによって、オペレーティングシステムソフトウェアは最新版です。 6.0.18?6.0.20まで例えばTomcatをアップデートしました。何らかの状況で、システムインテグレーションは最新のスタックアップデートを転がしてのけりたがっているかもしれません(再び6.0.18を使用したいと思います)。 これは「アップデート」->「ロールバック」メニュー項目を使用して、希望のアップデートのときに「逆行」ボタンをクリックすることによって、可能です。

システムインテグレーターとして、ERPをカスタム設計したいと思います。

アプライアンスの範囲の外にERP改造があります。 バージョン2.50からERPを始動するとモジュールによる改造が管理されるので、これはシステムインテグレーターによって使用されるべきであるmethiodです。

システムインテグレーターとして、テストシステムにプロダクションシステムのクローンを作りたいと思います。

これはそうであることができます。バックアップメカニズムを使用することによって、達成します。 すなわち、2番目のシステムにアプライアンスをインストールして、そこでバックアップを返すことによって。

また、バックアップが、構成をネットワークでつなぐのを入れることに注意するべきです。 それで、2番目のシステムがリブートされるとすぐに、これを変えるべきです。

システムインテグレーターとして、私は、ターミナルセションを通してマシンが欲しいとセキュリティアクセスと思います。

初めてのウェブコンソール構成の間、ユーザが"openbravo"リナックスパスワードを変えるように頼まれます、「根」利用者パスワードと同様に。 最初のものは、物理的アクセスが可能であるときに、サーバにアクセスするために役に立ちます。

そして、SSHアクセスは遠隔アクセスが絶対に必要なものであるそれらのケースのシステムに可能にされます。 しかしながら、パスワード認証がこのアプライアンスに許容されていないことに注意するべきです。 代わりに、ユーザは公開鍵認証機構を使用するべきです。 ウェブ管理コンソールはシステムインテグレーターが望まれているのと同じくらい多くの公開鍵を加えることができる窓を含んでいます。

システムインテグレーターとして、Openbravo ERPのためのSSL証明書をインストールしたいと思います。

システムインテグレーターとして、私の新たに買われたSSL証明書をインストールしたいと思います。 「構成」->という「SSL証明書」の窓を使用することによって、これを達成できます。 システムインテグレーターがERPと管理コンソール自体の両方で使用されるPEM形式でX.509証明書をアップロードできるフォームがあります。

システムにアクセスしたいと思って、ERPが登録するシステムインテグレーターとして

いくつかのシステムインテグレーターにおいて、役に立つログがあります、Apache誤りや、アクセスログや、Openbravo ERP log4jや、catalina.outログや、いくつかの付加系ログなどのように。 アプライアンスは、「メインテナンス」にウェブ管理コンソールを使用することによって、これを提供します-> 「ログ」メニュー項目。 それが見るのにおいて可能である、直接生がファイルするウェブブラウザかダウンロードで。

システムインテグレーターとして、システムサービスを管理したいと思います。

管理コンソールで始まって、止まって、Openbravo ERPシステムインテグレーターの役に立つシステムサービスを再開するウェブ。 すなわち:

離れてリブートしたいと思うか、またはシステムの下側に閉じたいと思うシステムインテグレーターとして

これを達成する2つの可能性:

システムインテグレーターとして、離れて、そして、安全な方法によるデータベースにアクセスしたいと思います。

どんなダイレクトデータベースも提供しません。 システムには、社外利用者がデータベースにアクセスするのを防ぐファイアウォールがあります。 それで、SSHトンネルは、アプライアンスからシステムインテグレーターのマシンまでデータベースポートを進めるのに使用されるべきです。 まるでそれがローカルであるかのようにシステムインテグレーターがそれにアクセスできるように。

サポートチームメンバーとして、私は、システムに関する役に立つ情報があるtarballが欲しいと思います。

通常、サポートチームは、同じ種類の初期の質問をして、いくつかの一般的なシステムファイルに関して情報を収集する必要があります。 この問題にアプライアンスを固定するのは「収集ツール」の窓を提供します、とそれは基本的にERPとシステムに関する役に立つ情報にダウンローダブルなtarballファイルを前提とします。


必要な提出物

基地

ウェブ管理コンソール

ウェブ管理コンソールは以下の特徴を提供するはずです:

Retrieved from "http://wiki.openbravo.com/wiki/ERP_2.50:Professional_Appliance_Functional_Specs/ja"

This page has been accessed 2,367 times. This page was last modified on 14 June 2011, at 11:04. Content is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike 2.5 Spain License.