View source | Discuss this page | Page history | Printable version   
Toolbox
Main Page
Upload file
What links here
Recent changes
Help

PDF Books
Add page
Show collection (0 pages)
Collections help

Search

How to Move Openbravo/ja

Contents

序論

このドキュメントでは、1台のマシンから別のマシンまでのOpenbravo ERPインストールを動かすプロセスについて説明します。 例のシナリオはリナックスサーバへのマイクロソフトWindowsの下の生産におけるOpenbravo ERPの移行です。


ソースを編集してください。

OpenbravoERPディレクトリを取ってください、そして、それ(例えば、ファスナかtar.gz)で圧縮されて携帯用のファイルを作成してください。

私たちがいったんOpenbravoERP.zipを持っている後、それをターゲットマシンに動かしてください。 希望の目標ディレクトリにこのファイルを開けてください:

unzip OpenbravoERP -d /opt/OpenbravoERP

Openbravo.propertieslog4j.lcfファイルで、すべての経路は古いシステムを参照します。 それらをアップデートして、コンフィグ/セットアップツールフォルダーに移行して、グラフィカルなアシスタント(ウィザード)を送り出すために:

また、これらのウィザードがグラフィカルなシステムなしでテキストモードに立候補することであるかもしれないことに注意してください。 これは自動検出されています。

編集から始まる前に、Openbravo.propertiesとlog4j. lcfファイル(コンフィグディレクトリにおける)が適切に構成されたのをチェックしてください。 そうでなければ、手動でそれらを編集してください。 新しい位置を考慮に入れて、すべての経路を書いてください。

Openbravo ERP2.40(例えば、2.35MP5)の前のシステムのために、あなたは以下を変更しなければならないでしょう。

  • OpenbravoERP/build.xml
  • OpenbravoERP/config/Openbravo.properties
  • OpenbravoERP/config/dbCon5.xml
  • OpenbravoERP/config/XmlPool.xml
  • OpenbravoERP/config/log4j.lcf
  • 異なったIPアドレスがありましたら、あなたは、WebContent\WEB-INF\web.xmlのIPかホスト名を変える必要があります。

このために、手動でこれらのファイルを編集するか、または以下を実行してください。

ant -f build.xml.template setup


データベース

古いシステムでエクスポートしてください。

オラクル

データベースのダンプファイルを作成するために:

exp tad@XE file=c:\tmp\tad_ora.dmp log=c:\temp\tad_ora.log owner=tad statistics=none

In this case, the username is tad and the SID is XE.

PostgreSQL

データベースのダンプファイルを作成するために:

pg_dump -U tad -h localhost -F c -b -v -f C:\temp\tad_pgsql.dmp openbravo

In this case the username is tad and the database name openbravo.


目標システムにおける輸入

オラクル

まず第一に、新しいユーザを創造してください:

sqlplus system@XE
create user tad identified by tad default tablespace users temporary tablespace temp;

次に、以前にエクスポートしているファイルをインポートしてください:

imp tad@XE file=/tmp/tad_ora.dmp log=/tmp/tad_ora.log fromuser=tad touser=tad


PostgreSQL

まず第一に、新しいユーザとデータベースを創造してください:

psql -d postgres -U postgres
CREATE ROLE tad LOGIN PASSWORD 'tad' SUPERUSER CREATEDB CREATEROLE VALID UNTIL 'infinity';
UPDATE pg_authid SET rolcatupdate=true WHERE rolname='tad';
CREATE DATABASE openbravo WITH ENCODING='UTF8' OWNER=tad;
\q

次に、以前にエクスポートしているファイルをインポートしてください:

pg_restore -i -U tad -d openbravo -h localhost -v -O /tmp/tad_pgsql.dmp

性能を増強するためにデータベースを掃除機をかけることが勧められます:

vacuumdb -U tad -h localhost -d openbravo -f -z -v

テスト

編集(任意)

このステップは、任意ですが、非常にお勧めです、そして、ちょうど念のためすべてがうまくいっています、そして、新しいbuild.xmlファイルは正しく構成されます:

cd /opt/OpenbravoERP
ant compile.complete.deploy

BUILD SUCCESSFULと共に終わるなら、それをします。

準備

現在、新しいシステムは行く準備ができています。 トムキャットwebappsディレクトリにwarファイルをコピーしてください:

cd /opt/OpenbravoERP
ant war
cp /opt/OpenbravoERP/openbravo.war $CATALINA_BASE/webapps/

tomcatを始めてください。そうすれば、それはすべてです。

Retrieved from "http://wiki.openbravo.com/wiki/How_to_Move_Openbravo/ja"

This page has been accessed 2,672 times. This page was last modified on 1 September 2009, at 05:03. Content is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike 2.5 Spain License.