View source | Discuss this page | Page history | Printable version   
Toolbox
Main Page
Upload file
What links here
Recent changes
Help

PDF Books
Add page
Show collection (0 pages)
Collections help

Search

Localization Process/ja

Contents

はじめに

ローカライズは非常にOpenbravo ERPプロジェクトのため重要であり、我々のコミュニティ大変な努力の作成をしているし、それらを維持し、より良いスイートへの単語のさまざまな地域のニーズにOpenbravo ERP製品を強化するためのアドバイスを与える。

このドキュメントではOpenbravo ERPのローカリゼーションプロセスについて説明します。これは、いくつかのコラボレーションツールと人を含み、ことは非常に慎重に従うことが重要だ。


基本ローカリゼーションプロセス

  1. あなたの国か領域のために努力がないことを現在のローカライズプロジェクトwikiページで確かめて下さい。進行中の努力があれば、接触として一覧表にされる人間に手紙を書いて彼女と協力しようとして下さい。もし人があなたのメールに、その努力が新たな取り組みをリードする状況と要求を説明するためのメッセージをスレッドにメッセージを送信する応答ではありません。
  2. あなたが新しい努力を導いていれば、あなたはこれらのステップに従うべきです:
    1. Openbravoあなたの努力で送信するローカリゼーションコーディネーターを通知する電子メールのリチャードモーリー<richard.morley AT openbravo.com>。お客様のローカライズ努力のためにも、あなたのスケジュールを指定します。
    2. 現地化努力のためにメッセージスレッドのローカライズのフォーラムで作成される必要があります。
    3. 非常に努力のために指導者としては、メッセージをスレッドのあなたの努力のために作成されたトラフィックを監視することが重要です。するので、 SourceForgeのフォーラムでは、このフォーラムのオプションのモニタを使って行うことができます。そのフォーラムOpenbravo Forgeに移動されている注意してください。
    4. あなたの努力の詳細を送信(およびあなたの連絡先の詳細)リチャードモーリー<richard.morleyをATを調整するためのプロジェクトフォーラムのアドレスを示すopenbravo.com>。彼は現在の地域化プロジェクトのセクションのプロジェクトであなたの努力を登録するページのwikiです。
  3. 翻訳およびアカウントのチャートOpenbravo Subversionサーバに格納されている。あるページでは、Subversionを使用しても翻訳や会計のディレクトリを参照することができます説明している。あなたのリチャードモーリー<richard.morleyをAT SVNのアカウントを要求する必要がありますopenbravo.com>当社のSubversionサーバでの作業を公開できるようにする。これはSubversionのディレクトリ内のリポジトリ構造に従うことが重要です。
  4. ローカリゼーションプロセスを起動します。
    1. 我々はSubversionに2週間ごとに、純粋なオープンソースのアプローチで自分の仕事をアップロードするローカライザを要求し、人々に進行状況を追跡することができますし、フィードバックを与える。
    2. 場合は、フォーラムのお客様のローカライズの努力のために作成で公開任意の疑問や質問があります。 Openbravoユーザーや開発者が日常的にはフォーラムを監視します。
    3. 場合は、お住まいの地域は、OpenbravoのERPでカバーされていない機能、またはローカライズ要件を、私たちのローカリゼーションの特別要件のページに登録ここで、これらすべてを追跡すると思う。
  5. 翻訳するとき、すべてのユーザーインターフェースに翻訳が完了と見なされます。アカウントのグラフをし、Test1を渡す必要がTest2の出版される。また、強くも3テストに合格することをお勧め。
  6. 一度あなたの仕事、ベータ版を完了したと見なされ出版されることができます。お問い合わせリチャードモーリー<richard.morleyでopenbravo.com>このプロセスを開始します。プロセスが含まれています:
    1. パッケージのローカライズとOpenbravoフォージでどこでローカリゼーションプロジェクトを登録することができます利用できるように。
    2. 注記準備Openbravoフォージの上に発表する。例を参照。
    3. ローカライゼーションフォーラムで発表する。
  7. 最新のOpenbravoの新しいバージョンを保持し、再度処理を繰り返します。


完全ローカライズ

  1. あなたの市場で最も成功して、局所解を分析することから始める必要があります。たとえば、米国のローカライズ、Quickbookなど、地元の解決策を分析する必要があります。
  2. この分析に基づいて、どの機能では、ローカルなソリューションと競争する必要があるOpenbravoに実装されているローカライズのギャップのリストを定義する必要があります。してください注意点は、ローカルの機能に、この分析だけではなく、追加の地理上の独立した機能を集中すべき、これは大部分が主観的評価のことですが、それはあなたの現地化の努力、他の潜在的な機能のギャップが横道にそれることが重要です。
  3. お問い合わせOpenbravoローカライズチーム:でopenbravo.com協力
  4. 協力:各国のコミュニティメンバーからの努力に加わる。
    1. 現地化努力のためにメッセージスレッドのローカライズのフォーラムで作成される必要があります。
    2. ことは非常にメッセージスレッドのあなたの努力のために作成されたトラフィックを監視するあなたの努力のために指導者として重要である。するので、 SourceForgeのフォーラムでは、このフォーラムのオプションのモニタを使って行うことができます。
  5. Openbravoチームの命名規則を次のようにプロジェクトのSubversionリポジトリにブランチを作成する場合の権利が開発できるようになります。
  6. デベロッパのID。注:このr2.50で始まる必要はありません。
  7. 権利を新しいブランチ(ユーザーとパスワード)をアクセスするために取得
  8. プロジェクトのための機能および技術文書を作成する。
  9. トランクからブランチへの継続的結合しない更新を維持し、将来の問題を回避します。
  10. 包装:
    1. のOB 2.40:国のOBのバージョンブランチから作成することができます。
    2. のOB 2.50:特定の国のためにモジュールのブランチから作成することができます。

は、理にかなって任意の特定の開発製品のコアの一部として別々に開発することができますし、コアに貢献して含まれるように。これは、これ以上は、コードの世話をしていないということです。 Openbravoチームは、機能的、技術的な仕様だけでなく、将来のバージョンの互換性のためのコードのその部分の世話をすることに役立ちます。寄稿者ガイドを参照してください。

ローカライズモジュール

Openbravo ERPの2.50以降、ローカライザが容易に開発することができますOpenbravoの中央リポジトリを介して他のユーザーと共有ディスクリートの拡張モジュールを作成できるようにモジュール化しています。強く、任意のローカライズ努力のためにモジュールの使用を推奨します。

ローカライゼーションのモジュールの多くの異なる種類があります。このドキュメントでは、特にどのように翻訳を作成する方法を説明、アカウントと標準のリファレンスデータをモジュールのグラフ、以来、これらのモジュールは、特定の登録処理をしている。

また、ローカリゼーションパックを作成するためのモジュールを組み合わせることができます。

一般的には、モジュールを作成するに3つの段階があります:

どのようにモジュールと、ビデオチュートリアルや、モジュール開発者ガイドを参照し動作するようにしてください。一度の概念とテクニックを、その具体的局在のモジュールを作成する次のガイドラインを使用し自信を持っている。

ローカライズのJavaパッケージの命名規則

すべてのモジュールを一般的にはJavaの命名規則に従ってください。場合は、ローカライズのモジュールを作成して、そこには守らなければならない追加の規約があります。これらの規則はOpenbravo SLUであなたとの関係に基づいている場合は、内部Openbravo寄稿者や関係者は、パートナー独自のモジュールを作成して、あなたの会社の指定として Openbravoを使用する必要があります。場合は、オープンソースの貢献として、モジュールを作成して、自分の組織の名前を使用する必要があります。

次の表のベストプラクティス時のモジュールの名前付けの説明が含まれます。

Contributor type Domain Contributor Contribution type Content Locale Example
The creator of the content Top level domain of the creator, for example: com, org or edu Creator’s name Select from: module, accounts, translation Description of the content. If the contribution is a translation then identify the language using ISO639_1 ISO 3166 country code of the locale for which the contribution is intended
3rd party contributor com mycompany accounts small_company MX com.mycompany.accounts.small_company.MX
3rd party contributing under a specific code contribution agreement org openbravo translation es ES org.openbravo.translation.es_ES
Openbravo org openbravo module taxes ES org.openbravo.module.taxes.ES

翻訳モジュールの作成

、翻訳モジュール開発者ガイドおよびチュートリアルのガイドラインに従って作成するには、特定の構成は、この文書で説明した。翻訳モジュールを作成するためのプロセスは以下のとおり:

  1. 中央のリポジトリに登録翻訳モジュール。
  2. エクスポートデータベース
  3. 翻訳xmlファイル
  4. パッケージモジュール
  5. Openbravo Forgeへモジュールをアップロード

翻訳モジュールを登録する

ときとして、フィールドに入力モジュールを登録します:

クリックしたときに登録モジュールを使用するユーザー名とパスワードOpenbravoフォージのためのパスワードを供給することになります

エクスポートデータベース

いつのモジュールが登録して、次の段階に必要なモジュールのフォルダを作成するデータベースをエクスポートすることです。

  1. コマンドを実行します:
    ant export.database
    エクスポートするデータベースのモジュールフォルダ内に新しいサブフォルダを作成します。新しいフォルダを変換モジュールのJavaパッケージと同じ名前を持つ、例えばモジュール用modules/org.openbravo.translation.es_ES
  2. Modulesフォルダ内では、手動でreferencedataというサブフォルダを作成します。この正確な名前をメモし、それをすべて小文字で、スペースなしに使っている必要があります。
  3. referencedataフォルダ内では、翻訳と呼ばれる別のサブフォルダを作成します。
  4. 翻訳のフォルダ内では、命名規則xx_YY言語/国コードを使用して翻訳を別のフォルダを作成します。たとえば、アメリカ英語の場合en_US。
  5. 翻訳を配置します。xmlファイルのフォルダ内に、それぞれの言語の。

xmlファイルの翻訳

ようになりました。xmlファイルをお好みのエディタを使って翻訳できます。するときは、既に作成され、翻訳のサブフォルダにコピーの翻訳が終了している。

.obxファイルとしてパッケージモジュール

ant package.module -Dmodule=modulename,ここで、モジュールのモジュールのJavaパッケージ名に実行モジュールをパッケージ化します。

Openbravoフォージへの発行モジュール

Openbravo Forgeへモジュールを今すぐ公開する準備ができている

モジュールのアカウントのチャートの作成

アカウントのグラフOpenbravoのERPが使用する会計の構造を示します。あなたが特定のロケールには、例えば地元の会計慣行や規制に対応するためのアカウントのグラフを作成することができます。アカウントのグラフは、クライアントからの最初のクライアントのセットアッププロセス中に適用することができます。csvファイルで構成されます。

バージョン2.50では、アカウントのチャートを前に、sourceforgeからダウンロードされたにもかかわらずOpenbravo forgeアカウントのアップロードとダウンロードチャートすることができます。しかし、それは、アカウントのグラフのモジュールを作成し、中央のリポジトリを介して配布をお勧めします理由:

アカウントのモジュールに、次の手順で構成されグラフの作成:

  1. 中央のリポジトリを持つアカウントのモジュールの登録グラフ。
  2. フォルダ構造を作成するアカウントのグラフを保持するファイルです。
  3. アカウントをファイルのグラフを作成し、フォルダ構造内に保存します。
  4. パッケージのアカウントのグラフモジュール。
  5. Openbravo forgeへモジュールを公開します。

モジュールのアカウントのグラフを登録する

ときとして、フィールドに入力モジュールを登録します:

クリックしたときに登録モジュールを使用するユーザー名とパスワードOpenbravoフォージのためのパスワードを供給するよう求められます。

アカウントのグラフファイルを作成する

完了したら、アカウントのグラフは、。csvファイルを作成することを好むのいずれかのパッケージを使用して作成するモジュールが登録している。

エクスポートデータベース

するときのアカウントのファイルは、次の段階の準備ができてグラフに必要なモジュールのフォルダを作成するデータベースをエクスポートすることです。

  1. コマンドを実行します:
    ant export.database
    エクスポートするデータベースのモジュールフォルダ内に新しいサブフォルダを作成します。新しいフォルダを変換モジュールのJavaパッケージと同じ名前を持つ、例えばmodules/org.openbravo.referencedata.coa.ES_es
  2. Modulesフォルダ内では、手動でreferencedataというサブフォルダを作成します。この正確な名前をメモし、それをすべて小文字で、スペースなしに使っている必要があります。
  3. referencedataフォルダ内に、アカウントと呼ばれる別のサブフォルダを作成します。
  4. アカウントのグラフを配置します。csvファイルのアカウントのフォルダ内に。

.obxファイルとしてパッケージモジュール

ant package.module -Dmodule=modulenameここで、モジュールのモジュールのJavaパッケージ名に実行モジュールをパッケージ化します。

Openbravoフォージへの発行モジュール

今すぐOpenbravoforgeへモジュールを公開する準備ができている

モジュールの標準的な参照データを作成する

標準的な参照データOpenbravoのERPのアプリケーションのテーブルからのデータは、たとえば税金とのアラート。場合Openbravo ERPの最大のローカルな要件を満たすために特定の方法で設定している場合は、このデータをエクスポートすることができますし、モジュールに変換すると、そうすることの中央リポジトリを介して他のユーザーと共有することができます。

標準的な参照データのモジュールを作成するプロセスです:

  1. モジュールを定義し、Openbravo ERPで、モジュールを登録します。
  2. 必要なテーブルを定義し、データセットとして必要なテーブルをエクスポートします。
  3. .obxファイルとしてパッケージモジュール
  4. Openbravoフォージのプロジェクトを作成します。
  5. Openbravo forgeへモジュールを公開します。

モジュールの標準参照データの登録

定義とデータセットのエクスポート

  1. ログOpenbravo ERPに
  2. アプリケーションのメニューから、[アプリケーション辞書"データセット
  3. Newをクリックします。
  4. モジュールのリストから、標準的な参照データが含まれるモジュールを選択します。
  5. 検索キー、名前と説明を指定します。
  6. データアクセスのレベル]の一覧から、次のオプションからデータアクセスレベルを選択します:
    • システムのみ
    • システム/クライアント
    • クライアント/組織
    • 組織
  7. 選択してエクスポートオプションを許可。
  8. 選択してテーブル]タブ
  9. テーブルのリストから、モジュールに含めるテーブルを持つコンテンツを選択します。
  10. SQLのWHERE句フィールドに、"ここでは、行のセットを識別する"ステートメントは、DALの表記でエクスポートするSQLを指定します。たとえば、client.id='1000001'
  11. すべての列をエクスポートするすべての列のオプションを含めるを選択します。のみを指定する列の[列]タブを選択し、エクスポートする各列の新しいレコードを作成するなどしてください。
  12. セキュリティ監査の列を含めるには(createdby、作成更新し、updatedby)の輸出では、明確な除外監査情報をチェック。
  13. ビジネスオブジェクトオプションをオフにします。
  14. 保存をクリックします
  15. をクリックしてエクスポートリファレンスデータボタンをクリック。xmlファイルをモジュールに含めることができます参照データをエクスポートします。

エクスポートデータベース

次の段階に必要なモジュールのフォルダを作成するデータベースをエクスポートすることです。

  1. コマンドを実行します:
    ant export.database
    エクスポートするデータベースの[モジュール]フォルダ内に新しいサブフォルダを作成します。新しいフォルダを変換モジュールのJavaパッケージと同じ名前を持つ、例えばmodules/org.openbravo.referencedata.coa.ES_es

.obxファイルとしてパッケージモジュール

ant package.module -Dmodule=modulenameここで、モジュールのモジュールのJavaパッケージ名に実行モジュールをパッケージ化します。

Openbravoフォージへの発行モジュール

今すぐOpenbravo forgeへモジュールを公開する準備ができている

Openbravo forgeへモジュールを発行する

いったん。obxファイルを作成し、それを社会にopenbravo forgeを介して利用できるようにすることができます:

  1. Webブラウザで、Openbravo forgeをナビゲート
  2. ツールボックス領域で、登録プロジェクト。
  3. あなたのモジュールの完全な詳細を。
  4. Nextをクリックします。
  5. Servicesページで、あなたのプロジェクトのため、たとえばディスカッションフォーラムの下盛にしたいサービスを選択します。
  6. Finishをクリックします。
  7. ツールボックスエリアでは、私のプロフィールを選択します。
  8. 私のモジュールエリアでは、そのモジュールを使用するOpenbravo ERPに記載されて登録されます。をクリックしてモジュール。
  9. 場合は、作成したリストからプロジェクトを選択し、プロジェクトに関連付けるモジュールにしてください。
  10. をクリックして准プロジェクト。発行するバージョンのページが表示されます。
  11. をクリックします。あなたのモジュールです。obxファイルの場所に移動します。
  12. Publish OBX Fileをクリックします。

パックにローカライズのモジュールを組み合わせる

ローカリゼーションパックを作成するユーザー向けのローカライズモジュールを実装する便利な方法を提供します。パックモジュールは他のモジュールで構成される特定のタイプされ、パックを作成する特定の登録処理をしています。一度現地を作成した場合は、必要なパックとしてそれらを結合する手順は、次のモジュールです。

  1. システム管理者の役割を持つOpenbravoにログインします。
  2. アプリケーションのメニューから、アプリケーション辞書モジュール。
  3. Newをクリックします。新しいモジュールのレコードが表示されます。
  4. 名前フィールドでは、パッケージ名が正しい名前付け規則を使用して与える。
  5. モジュールの種類]リストから、選択するパッケージ。
  6. 完全な説明とヘルプのフィールド自然言語と可能な限りパッケージに関する多くの情報の供給を使用して。
  7. 適切なモジュール情報の完全な安静。
  8. 保存をクリックします
  9. 選択して含める]タブ。
  10. Newをクリックします。
  11. 含まれるモジュールのリストから、あなたパックに追加したいモジュールを選択します。
  12. をクリックして保存します。
  13. 手順を繰り返します10月12日パックでより詳細なモジュールを含めます。
  14. ant コマンド: ant package.module -Dmoduleを使用してパッケージ。 commmandのパラメータの変換モジュールのJavaパッケージの名前です。たとえば、ローカリゼーションパック org.openbravo.package.czechlocalizationpack.CZ_csと呼ばれ
    フルantコマンドになります:
    ant package.module -Dmodule=org.openbravo.package.czechlocalizationpack.CZ_cs

一度パックを作成して、Openbravo forgeへ通常の方法でそれを公開することができます。

分岐ポリシー

新しい枝、特定の開発時のローカライズのためにも、ときにコアにコードを寄与する必要のために作成されます。 Openbravo ERPの特定を簡単にそれらの枝の目的を識別する名前付け規則に従います:

現地支店を簡単にトランクからマージを行うに更新できます。私たちは、ローカライザのトランクから自分のブランチにように変更も簡単に適用することができます連続的にマージを行うことを勧めます。

Localization branch:
View larger

ときに我々のモデルの両方のローカリゼーションおよびコアの貢献をし、2つのブランチとして作成される次のとおり:

Mixed model branch:
View larger

一度も簡単にローカライズブランチにマージされることがテストされ、この方法では、コアの貢献を簡単にトランクにバックマージすることができます。


場合は疑問や質問がある当社の現地化フォーラムや私たちのIRCチャンネルでは、リアルタイムでてもらうよう依頼することを躊躇しないでください。

Retrieved from "http://wiki.openbravo.com/wiki/Localization_Process/ja"

This page has been accessed 7,827 times. This page was last modified on 12 March 2010, at 21:20. Content is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike 2.5 Spain License.