View source | View content page | Page history | Printable version   
Toolbox
Main Page
Upload file
What links here
Recent changes
Help

PDF Books
Show collection (0 pages)
Collections help

Search

Projects:Modularity/Initial Client Setup/ja

Contents

Modularityのための新しいInitial会社セットアップと初期の組織セットアップ

概要

Modularity projectは参考資料を含む能力をパッケージに供給するでしょう。 それらが作成されるとき、モジュールがいったんインストールされると、容易に参考資料パッケージをクライアントか組織に適用できます。 維持をアップデートして、また、この参考資料は可能になるでしょう。 参考資料の例は特定の国(特定のIndustryかセキュリティ設定テンプレートで使用される製品カテゴリー)への税金です。

初期のクライアントセットアップと初期の組織セットアップ

Openbravo ERP2.40と以前のリリースには、標準のデータ(標準のビジネスパートナー、標準の税金…)のユーザがクライアント作成だけではなく、組織本体作成も提供する新しい会社のアプリケーションを初期化できる初期のクライアントセットアップと呼ばれるプロセス、会計図式(プロセスを実行するとき提供されたCOAを通して生成される)、およびセットがあります。

2.50から、先でリリースしてください、そして、会社と組織の創設は2つの異なったプロセスに立候補するためにことになるでしょう。 1つはInitial会社セットアップです、そして、もう片方はInitial組織セットアップです。 それぞれのそれらでは、あなたは適用される参考資料のセットを提供できるでしょう。

Initial会社セットアップにおける参考資料を選択するとき、この参考資料はクライアントレベル(星の組織*)で適用されるでしょうが、初期の組織セットアップにおける参考資料を選択するとき、この参考資料は組織化レベルで適用されるでしょう、プロセスに創設される組織に。

アップデート参考資料

2.50から、参考資料をインストールして、アップデートして、非活性化するプロセスは、先でリリースして、また、来ているでしょう。 このプロセスで、この参考資料構成を会社と組織化レベルに適用するでしょう。 プロセスでは、参考資料で実行されたどんな動作も、選択された組織に適用されるように、どんな既存の組織(始め*を含んでいる)も選択できます。

参考資料をアンインストールできません、参考資料を非活性化できるだけであってトランザクションに使用できて、それを削除する参考資料が、それらのトランザクションを削除することを意味するだろうとき。

閉じている議論項目

EAR: 初期の会社セットアップでロードされた標準のデータセットを管理する方法。 たった今であるので、これが自動的にロードされるか、それを望んでください、たぶん、モジュールでロードされるのを選択できる1セットの参考資料が、そうであるか私たちはインストールにこのデータセットを含みたいと思うかどうか決めるのを選択できるプロセスにチェック・ボックスを表示できます。

Retrieved from "http://wiki.openbravo.com/wiki/Projects:Modularity/Initial_Client_Setup/ja"

This page has been accessed 549 times. This page was last modified on 8 June 2012, at 05:28. Content is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike 2.5 Spain License.