View source | Discuss this page | Page history | Printable version   
Toolbox
Main Page
Upload file
What links here
Recent changes
Help

PDF Books
Add page
Show collection (0 pages)
Collections help

Search

Translating Openbravo/ja

Contents

導入

この文書は、異なる言語へのOpenbravo ERP翻訳を翻訳して、維持するプロセスを説明します。

プロセスは、5個の手順を含みます:

  1. 新しい言語をつくること。
  2. ベース言語翻訳をコピーすること。
  3. 翻訳するXMLファイルをエクスポートすること。
  4. ファイルを翻訳すること。
  5. 最終的に、システムに新しい翻訳を取り込みします。

言語をつくること

Openbravo ERPを翻訳するために、最初に、言語をつくるか、前に定義済み言葉遣いを起動させてください。

システム管理者役割を使っているOpenbravo ERPにログインしてください。

次に、一般的なセットアップ>アプリケーション>言語へ行ってください。

Translating1.png

ここでは、選択の余地の言語は、リストから選ばれることができます。

あなたが格子見解の中にいないならば、格子アイコンをクリックするか、それをつくってください。あなたが新しい言語をつくっているならば、地方と言語のJava慣例に続いてください:

2つの小文字による言語は、2つの大文字(例えばカナダフランス語のためのfr_CA姿勢)で、アンダーライン(_)と国によってあとに続きました。

システム言語チェックボックスをチェックして、記録を保存してください。これは翻訳する言語を起動させます、そして、この点から、それはユーザーの好みにおいて現れます。

次のステップは、ベース言語から新しい言語へすべてのテキストをコピーすることです。ベース言語はアプリケーションを翻訳することの出発点として使われる言語です、そして、それは英語です(en_US)。クリックすることによって、ベース言語のためのすべてのひもがそうである言語ボタンが新しい言語へコピーしたことを確かめてください。

言語パック

構造

言語パックは、望ましい言語のために翻訳を含んでいる一組のXMLファイルです。各々のファイルはデータベースで一つのテーブルのために翻訳を含んで、その対応する翻訳を含むテーブルと同じ名前を与えられます。

これらの言語パックは、言語と地方(例えばen_US、es_ES...)の慣例を使っている言語によって、サーバー・ディレクトリに保管されます。彼らは、すべての付属品を含むために定められるフォルダで、langディレクトリにいます。これは、あなたのローカルbuild.xmlファイル(2.3x版のために)またはOpenbravo.propertiesファイル(2.4x、そして、前方へ)で定められます、インストール・プロセスの間に要請されて、デフォルトで、呼ばれます/attachments.Spanish_Spainのための完全な経路の例は、そうでありえました /attachments/lang/es_ES.

XMLの構造は、以下の通りです:

コードの以下の部分は、例です/attachments/lang/es_ES/AD_TASK_TRL_es_ES.xml ファイル:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<compiereTrl language="es_ES" table="AD_TASK">
  <row id="102" trl="Y">
    <value column="Name" original="Java Version">Versio'n de java</value>
    <value column="Description" original="Displays the version of the default Java VM">Muestra la versio'n de la java VM por defecto</value>
    <value column="Help" original="The java version used by the application might be different."/>
  </row>
  <row id="103" trl="N">
    <value column="Name" original="Database Export">Exportar BD</value>
    <value column="Description" original="Export (save) the database">Exportar (guardar) la base de datos</value>
    <value column="Help" original="Run this command from the server">Run this command from the server</value>
  </row>
</compiereTrl>

言語パックを組み立てるXMLファイルの完全なリストはlg_CTと呼ばれています、そこで、lgは地方のために言語とCTを表して、あります:

  1. AD_ALERTRULE_TRL_lg_CT.xml:AD_AlertRuleテーブルのための翻訳。
  2. AD_ELEMENT_TRL_lg_CT.xml*:AD_Elementテーブルのための翻訳。このテーブルは、アプリケーションのすべての構成要素を含みます。彼らが、要素の説明と助けを中央に維持したために使われます。
  3. AD_FIELDGROUP_TRL_lg_CT.xml:AD_FieldGroupテーブルのための翻訳。フィールド・グループは、ウインドウの中でフィールドを集めることに慣れています。
  4. AD_FIELD_TRL_lg_CT.xml*:AD_Fieldテーブルのための翻訳。このテーブルは、アプリケーションの各々のウインドウに示されるフィールドに関する情報を持ちます。
  5. AD_FORM_TRL_lg_CT.xml:AD_Formテーブルのための翻訳∥どこですべての形の名前、説明と援助を定めますアプリケーション。形は、手で発生するウインドウです。
  6. AD_MENU_TRL_lg_CT.xml:AD_Menuテーブルのための翻訳。ここでは、アプリケーションの左側に現れるメニュー木は、見つかります。
  7. AD_MESSAGE_TRL_lg_CT.xml:AD_Messageテーブルのための翻訳。このテーブルは、アプリケーションが表示するすべてのメッセージを定めます。
  8. AD_PROCESS_PARA_TRL_lg_CT.xml:AD_Process_Paraテーブルのための翻訳。
  9. AD_PROCESS_TRL_lg_CT.xml:AD_Processテーブルのための翻訳。ここに、名前(アプリケーションから呼び出されるプロセスの間の説明と援助)は現れます。
  10. AD_REFERENCE_TRL_lg_CT.xml:AD_Referenceテーブルのための翻訳。このテーブルに、すべての引用はあります。引用は、データ型(価値またはテーブルのリスト)を定めるのに用いられます。
  11. AD_REF_LIST_TRL_lg_CT.xml:AD_Ref_Listテーブルのための翻訳。このテーブルでは、リスト・タイプの引用のための価値は、見つかります。
  12. AD_TAB_TRL_lg_CT.xml:AD_Tabテーブルのための翻訳。このテーブルは、アプリケーションですべてのタブの名前、説明と援助を含みます。
  13. AD_TASK_TRL_lg_CT.xml:AD_Taskテーブルのための翻訳。システム作業の明確さ。
  14. AD_TEXTINTERFACES_TRL_lg_CT.xml:AD_TextInterfacesテーブルのための翻訳。このテーブルは、すべての手で発生するウインドウの中で表示されるテキストを持ちます。
  15. AD_WF_NODE_TRL_lg_CT.xml:AD_WF_Nodeテーブルのための翻訳。このテーブルは、仕事の流れノードを含みます。
  16. AD_WINDOW_TRL_lg_CT.xml:AD_Windowテーブルのための翻訳。AD_Windowには、名前があります、説明、そして、WAD生成のウインドウの助けます。
  17. AD_WORKFLOW_TRL_lg_CT.xml:AD_Workflowテーブルのための翻訳。定義済み仕事の流れの名前、説明と援助。
  18. AT_COMMAND_TRL_lg_CT.xml:AT_Commandテーブルのための翻訳。このテーブルが、現在使われません。
  19. C_COUNTRY_TRL_lg_CT.xml:C_Countryテーブルのための翻訳。このテーブルは、国のリストを持ちます。
  20. C_CURRENCY_TRL_lg_CT.xml:C_Currencyテーブルのための翻訳。このテーブルは、通貨のリストを持ちます。
  21. C_DOCTYPE_TRL_lg_CT.xml:C_DocTypeテーブルのための翻訳。文書の説明は、タイプします。
  22. C_ELEMENTVALUE_TRL_lg_CT.xml:C_ElementValueテーブルのための翻訳。このテーブルは、説明する際に使用される要素のために、価値を含みます。
  23. C_GREETING_TRL_lg_CT.xml:C_Greetingテーブルのための翻訳。
  24. C_PAYMENTTERM_TRL_lg_CT.xml:C_PaymentTermテーブルのための翻訳。支払い学期の名前と説明。
  25. C_TAXCATEGORY_TRL_lg_CT.xml:C_TaxCategoryテーブルのための翻訳。税カテゴリーの名前と説明。
  26. C_TAX_TRL_lg_CT.xml:C_Taxテーブルのための翻訳。税の名前と説明。
  27. C_UOM_TRL_lg_CT.xml:C_UOMテーブルのための翻訳。このテーブルは、単位を含みます。
  28. M_PRODUCT_TRL_lg_CT.xml:M_Productテーブルのための翻訳。異なる製品を含んでいるテーブル。

* 注:翻訳する推薦された方法は、最初にAD_ELEMENTテーブルを翻訳することです。そして、翻訳されたファイルをインポートしてください、実行します用語プロセスを同期させて、再び輸出して、そして、続けます。このプロセスが動くたびに、中央に維持される(彼らの大部分の部分)AD_FIELD要素がAD_ELEMENT価値でアップデートされるので、これは推薦されます。それで、多くの努力と時間は、節約されます!

POファイルを使用することを翻訳すること

PO(移動できる物)は、多くのオープン・ソース・アプリケーションを格納して、翻訳することにぴったりの一般的なフォーマットです。Openbravo ERPは、翻訳をインポート・エクスポートするために、XMLを使います。しかし、これらのXMLファイルは、よりユーザーフレンドリーであるPOファイルに変換されることができます。

POファイルは、非常に単純な構造を備えています。彼らは、見えます:

#: AD_MENU_TRL_en_US.xml:1(value) 
msgid "original text"
msgstr "translated text"

フォーマットの詳しい説明が、GNU gettext utilities manualです。

必要なソフトウェア

POファイルを使用しているOpenbravoを翻訳するために、以下のソフトウェアは必要です:

XMLファイルからPOを生み出すこと

言語ファイルは、XMLフォーマットでOpenbravo ERPからエクスポートされます。能率的にこれらのファイルを翻訳するために、それは彼らをポー・フォーマット・ファイルに変えるのに必要です。

このツールの使用法に関しては詳細な指示は、 Openbravo2POユーザー・ドキュメンテーションで見つかることができます

XMLを変えるために、POフォーマットへのファイルは、以下のant命令を使います:

ant runXML2PO -DinpFold= -DoutFold= -DmsgStr= -Dfile=""

必要に応じて価値をいろいろな目標引数に加えてください。-DinpFoldは与えられます、そして、-Dfileはツールが生み出す空きです入力フォルダのすべてのXMLファイルのためにPOファイルそれ以外はだけ、それらのファイルは中で含みました-Dfile引数は変わります。-、Dfile引数は空白文字で区切られる複数のファイルをすることができます、しかし、中で囲まれなければなりません、「「。

E.g. POファイルにフォルダですべてのXMLファイルを変換します:

ant runXML2PO -DinpFold=/home/openbravo/translations/xml_base/ -DoutFold=/home/openbravo/translations/po_out/ -DmsgStr=false

E.g. 一つのXMLファイルを変換します:

ant runXML2PO -DinpFold=/home/openbravo/translations/xml_base/ -DoutFold=/home/openbravo/translations/po_out/ -DmsgStr=false -Dfile="AD_TASK_TRL_es_ES.xml"

POファイルを翻訳すること

POファイルをあなたの言葉に翻訳するために、あなたは多くのオープン・ソース・ツールのうちの1つと利用できるエディタを使用することができます。最も人気のあるもののいくつかは以下の通りです:

POファイルからXMLを生み出すこと

一旦翻訳が終了しているならば、あなたは翻訳をXMLフォーマットに戻さなければなりません。

このツールの使用法に関しては詳細な指示は、Openbravo2POユーザー・ドキュメンテーションで見つかることができます

POファイルからXMLファイルを生み出すために、ファイルは以下のant目標を使います:

ant runPO2XML -DinpFold= -DoutFold=  -Dfile=""

また∥指定します-DinpFoldとファイル名でないのは、Openbravo ERPへとインポートされる準備ができている関連したXMLファイルに、すべてのPOファイルを解析します。-、Dfile引数は空白文字で区切られる複数のファイルをすることができます、しかし、中で囲まれなければなりません、「「。

E.g. 完全なフォルダを処理します:

ant runPO2XML -DinpFold=/home/openbravo/translations/po_out/ -DoutFold=/home/openbravo/translations/xml_trl

E.g. 特定のファイル(s)を処理します:

ant runPO2XML -DinpFold=/home/openbravo/translations/po_out/ -DoutFold=/home/openbravo/translations/xml_trl -Dfile="AD_TASK_Name_es_ES.po AD_TASK_Help_es_ES.po AD_TASK_Description_es_ES.po"

輸出入

言語を輸出するか、インポートするために、あなたはシステムアドミニストレータとしてアプリケーションにログインしなければならなくて、一般的なセットアップ>アプリケーション>輸出入翻訳(言語は、最初にシステムで起動しなければなりません)へ行かなければなりません。

システム言語と定義される言語のうちの1つを選んでください。

望ましい言語XMLファイルは、以下のディレクトリにあります: attachments/lang/en_US.

Translating3.png

装置することを見ますあなたが輸入している新しい翻訳部もしも翻訳。

翻訳を維持すること

あなたが完訳または重要な変更をしたくないならば、あなたは異なる方向で翻訳を修正することができます ― exporting/modifying/importing XMLファイルなしで。また、翻訳(XMLファイルに輸出されるもの)を持っているあらゆるテーブルは、タブをそのウインドウの翻訳と呼んでおきます。ここでは、翻訳はテーブルの各々の列のために編集されることができます。

たとえば、あなたが単にスペインの翻訳をAccountType要素と交換したいならば、この変化はアプリケーション辞書>セットアップ>要素>翻訳タブへ行くことによってなされることができます。

Translating4.png

新しい翻訳を装置すること

Openbravo ERPで新しい翻訳をインストールするために、これらのステップに従ってください:

Translation1.png
Translation.png
Translation2.png
Translation3.png

oは、新しい線が選ばれる言語のために作製されたことを確かめます。タブの内容は、英語でなければなりません。本当の翻訳は、以下のステップにおいて起こります。新しい線がないならば、あなたがシステム言語チェックボックスをチェックした後に記録を収拾したことを確認してください、そして、新聞は再び言語を確かめます。

Translation4.png
Translation5.png


翻訳が輸入される、あるいは、一旦変化がなされたならば、Openbravo ERPが再コンパイルされるまで、修正は実施されません、そして、新しいopenbravo.warは配備されます。

Bulbgraph.png   再コンパイルは、2.40以前のリリースのために必要なだけです
service tomcat stop
ant compile.complete

Important note: if you find this error

compileSqlc:
BUILD FAILED
...AppsOpenbravo/build.xml:85: The following error occurred
while executing this line: ...AppsOpenbravo/src/build.xml:176:
srcdir "...AppsOpenbravo/build/javasqlc/srcAD/org/openbravo/er
pCommon/reference" does not exist!

try to run:

ant core.lib wad.lib trl.lib

If success, run again:

ant compile.complete

This process compiles and translates every window in the application.

ant war
ant deploy
service tomcat start

Important note: at this point, you should have inside Apache Tomcat webapps folder (C:\Apache Software Foundation\Tomcat5.5\webapps\ or C:\Tomcat5.5\webapps\ in Microsoft Windows and /var/lib/tomcat5.5/webapps/ in Linux):

  • A your_context_name folder (e.g., openbravo).
    • A src-loc/design sub-folder with the english_USA version of Openbravo ERP.
    • A src-loc/lg_CT sub-folder with your language_COUNTRY version of Openbravo ERP (e.g., src-loc/de_DE for Germany, src-loc/es_ES for Spanish of Spain, etc...).

If this is not the case:

service tomcat stop
ant compile.complete
ant war
ant deploy
service tomcat start

Sometimes when you have yet deployed openbravo application to the Apache Tomcat webapps folder, you could continue experiencing problems. Try:

service tomcat stop
delete your_context_name folder (e.g., openbravo) inside Apache Tomcat webapps folder.
service tomcat start

your_context_name folder should be re-created with the src-loc/lg_CT subfolders inside it.


Translation6.png

Retrieved from "http://wiki.openbravo.com/wiki/Translating_Openbravo/ja"

This page has been accessed 2,959 times. This page was last modified on 22 August 2009, at 14:39. Content is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike 2.5 Spain License.